• 当研究室では特任助教特任職員事務補佐員ROUTE等を募集しています。希望者は小坂英男(kosaka-hideo-yp@ynu.ac.jp)までご連絡ください。
    We are currently recruiting talented professionals for our laboratory. Our open positions can be viewed through the links below. Feel free to contact Hideo Kosaka (
    kosaka-hideo-yp@ynu.ac.jp)if you have any questions.

    【特任教員(助教)】
    先端科学高等研究院 量子情報研究センター 特任教員(助教)公募【随時お問い合わせください】
  • 【Specially Appointed Assistant Professor】
    Quantum Information Research Center, The Institute of Advanced Sciences - Specially Appointed Assistant Professor (non-tenure)
    Deadline: Application will be closed as soon as we hire the qualified candidates
  • 【特任職員】
    先端科学高等研究院(小坂研究室)特任職員 公募【8/10必着】
  • 【事務補佐員】
    先端科学高等研究院(小坂研究室) 事務補佐員 公募【8/10必着】
    先端科学高等研究院(小坂研究室) 事務補佐員 公募【8/10必着】

  • Introduction

    • 本研究室は、複数の国家プロジェクトを実施している、大変勢いのある研究室です。
      今後の日本を担う科学技術分野として国が定めた「量子技術」を先輩達と一緒に学びませんか?
      量子技術の周辺にある回路技術、プログラム技術、装置技術、AI技術、精密測定技術、レーザー技術、無線技術、セキュリティ技術、通信技術、画像処理技術、機械学習技術などなど最先端の工学技術を学べます。

      Our laboratory is very ambitious and is working on several national projects.
      Would you like to learn more about "quantum technology" that will lead science and technology in Japan?
      You will be able to learn about the cutting-edge engineering technologies of quantum technology, such as circuit, programming, equipment, AI, precision measurement, laser, wireless technology, security, communication, image processing and machine learning.
     「2022年度配属用」研究室紹介資料
     「2021年度配属用」研究室紹介資料
     プレゼンテーション演習テーマ 
     テーマ一覧
     (1) 量⼦インターネットのためのダイヤモンド量⼦中継
     (2) 量⼦コンピュータネットワークのためのダイヤモンド量⼦インターフェース
     (3) 量⼦エラー訂正コードを実装した誤り耐性型量⼦コンピュータ
     (4) 過去のプレゼンテーション演習テーマ(研究室HP参照)
      ※これまでの演習テーマはこちら
  • お知らせ
    研究室見学会を開催します。
    場所:総合研究棟S棟S311
    ご連絡頂ければ随時開催します。

    当研究室を選ぶ理由は
    ・量子情報はAI、ロボットと並び政府の指定した最重要分野である
    ・トップ企業やベンチャー企業でも量子情報を最重要戦略テーマとしており就職にも断然有利
    ・産業界、国立研究所、海外著名大学との強いコネクションがある
    ・トップ企業やベンチャー企業に研究室の卒業生がたくさんいる
    ・物理に限らず工学・情報の多様な分野の勉強ができる
    ・先輩からマンツーマンで指導を受けられる
    ・学部生のうちから潤沢な研究設備と研究費を与えられる
    ・学部生のうちから物理学会等の全国大会で発表できる
    ・修士になれば論文の執筆ができる
    ・修士学生でも評価の高いNature系学術雑誌などの筆頭著者となれる
    ・博士課程はリサーチアシスタントなどで収入を得る選択の幅が広がる
    ・比較的自由に研究できる(やる気次第で大きなチャンスが与えられる)
    ・海外に行って勉強したい人はいくらでも行ける

    見学希望の方はご連絡お願いいたします。