量子情報とは、量子力学と呼ぶミクロな世界の物理を用い、量子通信や量子コンピュータといった、超スマート社会の情報セキュリティやビッグデータ解析を支える夢の技術です。本研究室ではインターネット(IoT)や人工知能(AI)技術を支える超スマート社会のプラットフォーム構築に向け、光・量子情報による破壊的イノベーションの創出を目指し日々研究を行っています。




ようこそ量子「量子情報の最先端をつたえるInterview」




ハイブリッド量子「量子情報の視点でダイヤモンドを眺めると?」



Top Researchers「ダイヤモンドで、次世代量子通信の普及をめざす〜小坂英男・横浜国立大学教授」

   

電波新聞「量子コンピュータ・通信の現状と将来」その1
電波新聞「量子コンピュータ・通信の現状と将来」その2

TOPICS

  • 本研究室では、量子情報に関わる実験的研究分野で特任教員(助教)の公募を行っています。
    Job information for Specially Appointed Assistant Professor in the field of Quantum Information Physics

    横浜国立大学 公募情報
    https://www.ynu.ac.jp/hus/engk/22187/detail.html


    JREC-IN Portal 公募情報
    日本語
    English

    皆様の積極的なご応募をお待ちしております。
    また、周囲の方々にもご周知下さいますようお願いいたします。

  • 本研究室は、科学分野で最高の権威を誇るNature誌に、この5年で5本掲載した、大変勢いのある研究室です。
    今後の日本を担う科学技術分野として国が定めた「量子技術」を先輩達と一緒に学びませんか?
    量子技術の周辺にある回路技術、プログラム技術、装置技術、AI技術、精密測定技術、レーザー技術、無線技術、セキュリティ技術、通信技術、画像処理技術、機械学習技術などなど最先端の工学技術を学べます。

    研究室紹介資料
    研究室配属紹介資料
    過去のプレゼンテーション演習テーマ

    当研究室を選ぶ理由は
    ・量子情報はAI、ロボットと並び政府の指定した最重要分野である
    ・トップ企業やベンチャー企業でも量子情報を最重要戦略テーマとしており就職にも断然有利
    ・産業界、国立研究所、海外著名大学との強いコネクションがある
    ・トップ企業やベンチャー企業に研究室の卒業生がたくさんいる
    ・物理に限らず工学・情報の多様な分野の勉強ができる
    ・先輩からマンツーマンで指導を受けられる
    ・学部生のうちから潤沢な研究設備と研究費を与えられる
    ・学部生のうちから物理学会等の全国大会で発表できる
    ・修士になれば論文の執筆ができる
    ・科学誌最高峰のNatureの筆頭著者となれる(これまでに2名がM1で筆頭に)
    ・博士課程後期進学希望者は修士から経済的支援がある
    ・博士課程後期進学者の全員が学術振興会特別研究員(DC1)を取得している(年間240万円の奨励金並びに80万円の研究費+研究室からの経済支援)
    ・比較的自由に研究できる(やる気次第で大きなチャンスが与えれる)
    ・海外に行って勉強したい人はいくらでも行ける

    見学希望の方はご連絡お願いいたします。
  • 2019年に発表した論文「Quantum teleportation-based state transfer of photon polarization into a carbon spin in diamond」Springer Nature 2019 Highlightsのひとつに選ばれました。

    2019 Research Highlights from the past year -What were some of the top research that made an impact?-
    Last year produced many significant highlights in the research community which had great impact on global issues like climate change, politics and technological innovation. At Springer Nature, we are continuing to advance discovery and champion the issues that matter by publishing robust and insightful research.
    As we begin 2020, take a look back and reflect with a selection of the impactful work from over 60 research disciplines. Read and share the highly downloaded articles and chapters for free until 31 March 2020. Open access content is freely available online on a permanent basis.

    2019 Research Highlights ─ Physics

    横浜国立大学 ニュース記事 YNU news

  • Science誌AAASが提供する世界最高峰のオンラインニュースサービスEurekAlert!において2019年の閲覧数ランキング第6位(掲載後半年間で約23万ビュー)の栄誉を獲得しました。
    日本の大学・研究機関から発信したニュースのみの年間ランキングでは当リリースが1位。
    日本発のニュースがtop10入りしたのは初めてのことだそうです。

    The paper honorary achieved 6th most-visited news release on EurekAlert!
    (on-line news service by world prestigious Science AAAS) in 2019, with 228,916 views

    論文 paper
    EurekAlert! 記事 news release
    EurekAlert! Twitter
    横浜国立大学 ニュース記事 YNU news①
    横浜国立大学 ニュース記事 YNU news②


  • 2019年12月18日に開催されたムーンショット国際シンポジウムの講演がこちらからご覧いただけます。
    (35:00~小坂英男教授の講演)

    ムーンショット国際シンポジウム 分科会6「量子現象等の活用による未踏領域の創出」概要はこちら
    小坂英男教授の講演資料はこちら



  • 2019年6月28日のに「横浜国立大、光子からダイヤ中の炭素への量子テレポーテーション転写に成功」の記事が紹介されました。



  • 2019年6月発売の科学雑誌Newton別冊量子論のすべて 新訂版」に小坂英男教授が監修した記事が掲載されています。是非ご覧ください。

  • 2019/4/18 15:00~17:00にフクラシア丸の内オアゾにて開催されたメディア向け勉強会『量子中継ネットワーク』の資料はこちらから。

  • 2018年4月26日発売の科学雑誌Newton6月号に小坂英男教授が監修した「量子の世界第4回 量子テレポーテーション」が掲載されています。是非ご覧ください。
      
  • 2018年8月14日の に「横浜国大、ダイヤ中でエラー耐性量子演算処理に成功」の記事が紹介されました。


NEWS